from TOYONO

ブラジル系シンガーソングライター&ヴォーカリストTOYONO no ブログ。
((TOYONO official blog copyright(C) TOYONO MODERNO all rights Reserved. ))
muito obrigada!! 6/12「TOYONO pelicano heaven ペリカーノ・ヘヴン」@青山プラッサオンゼ
「Festa Ju フェスタ・ジュ」

ブラジルでは6月は「フェスタ・ジュニーナ」という
お祭り月間です。冬の風物詩とも言われる国民的なお祭り、
カーニヴァルのような派手な感じではないですが、
もっと生活に溶け込んだお祭りだそうです。
(ワタシは6月にブラジルに行った事はないので、未経験ですが…。)

そのうちの一日、今日12日はブラジルでは「恋人の日」と呼ばれる祝日でした。
(日本でも、全国額縁組合連合会がこの日の普及に務めているそうです。)

スザーノのお嬢さんが、自分の日記のタイトルにつけていた言葉、
「Festa Ju フェスタ・ジュ」。
カリオカっぽい略しかたでカワイイ。



さて、「恋人の日」
ワタシ自身も待ちに待っていたライブ。
楽しみにしていたものが百倍になって返って来たような、
そんな一夜。
たくさんの方にお越し頂いて、本当に有難うございました!
楽しかった〜☆


一曲一曲、どの曲をとっても濃密。
「アンサンブル」することの面白さ、楽しさを
わかってる人達ばかり。
そして、全員自然体です。
いや、自然体というよりは自然児。


激しくアツい演奏なんだけど
ほんわりした柔らかい空気も流れてる。
不思議ですね、この感じ。


素晴らしい共演者のみなさま、本当に有難う!
来て下さったみなさんにも、
私達の心意気、きっと伝わったと思います。



★飛び入りゲストでパンデイロを叩いてくれた
岡部ジェンキンス量平くん。
お兄さん達の中に入っても「存在感」だったね。
ありがとうね、ジェンキンっ♪


★アンコールになってからエレキギターで
happy birthdayのメロディが…。

昨日はワタシのバースデイ・イブだったので、
お祝いをして頂きましたーっ。

ライブでお祝いしてもらうの、
生まれて初めてデス!
感激、感涙でした。
たくさんのお花も、ありがとーっ


★プラッサオンゼのクラウヂア&花梨ちゃんから
「いちぢくのタルト」

爽やかな甘みが絶品の美味しさ。
いちぢくってケーキに合うんだね。
来て頂いたみなさん全員で頂きました!

■6月12日(金)
青山プラッサオンゼ

TOYONO
「pelicano heavenペリカーノ・ヘヴン」


出演:
TOYONO vocal
竹中俊二 guitar
渡辺剛 keybords
八尋洋一 bass
中島オバヲ perc
宮川剛 ds&perc





<セットリスト>
1-1 gatota de ipanema イパネマの娘(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
1-2 berimbau ビリンバウ(Vinícius de Moraes/Baden Powell)
arranged by TOYONO
1-3 memóeiasメモリスア(TOYONO)
1-4 ginga mais,maisジンガ・マイス、マイス(TOYONO)
1-5 o dia dos anjs 天使が降りた日(TOYONO)
1-6 serafim セラフィン(TOYONO)
1-7 afríssimaアフリッシマ(TOYONO)


2-1 渡辺剛solo〜
paineiraパイネイラ(TOYONO)
2-2 fico assim sem vocêフィコ・アスィン・セン・ヴォセ「君がいないと」(Abdullah/Cacá Moraes/日本語詞:片岡大志)
2-3 três-mariasトレス・マリーアス(TOYONO/竹中俊二)
2-4 À sombra da lua月影のアデウス(Lula Queiloga/TOYONO)
2-5 funk cavaquinhoファンキ・カヴァキーニョ((TOYONO/竹中俊二)

E-1pellicano heavenペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 brinda!brinda!!ブリンダ・ブリンダ(TOYONO)
E-2 mundo melhorムンド・メリョール素晴らしき世界(Vincius de Moraes/Pixinguinha)


(photo by 吉四六)



「いちぢくのタルト」


ライブ後、表参道「しまだ」で
しまアジと初ガツオのお刺身!ウマイです!
遊びに来てくれた高校のクラスメイト達+みんなで。


| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 5/24「TOYONO tropico unique トロピコ・ユニーク」@代々木上原ムジカーザ
TOYONO "trópico unique トロピコ・ユニーク"
「Luz do sol」 リリースアニヴァーサリー in ムジカーザ




でしたーっ!




本当に、たくさんの方にお越し頂き有難うございました!
リリース前にもかかわらず、です。
このユニットの魅力をたくさんお聴かせすることが出来た
ライブだったかと思います。


ムジカーザ独自のホールの音響と、
"trópico unique トロピコ・ユニーク" サウンドの相性も、
とても良かった!

来て頂いた方からも「音が凄く良かった♪」と
何人もの方から言われました。
嬉しいです!

そして、何より「楽しかった」です。
本当に有難うございました。





トロピコは、来週5/28に全国販売店リリースを迎え、
地道にプロモーションする予定で、
今度は秋頃のライブを予定していま〜す。
是非アルバムも!聴いて下さいね。





ライブ前ライブ中はパラパラだった小降り雨も、
ライブ終了後暫くしてから久々の「ゲリラ嵐」になり、
打ち上げ会場(普通なら徒歩3分)まで、
遭難しそうでした。
みなさん、大丈夫だったかな〜。



宮田茂樹さん、
橋本徹さん、
山下洋くん(今回の録音時に発音指導頂いてます。)
小田切大くん、
白河理子ちゃん
来て下さいました。
有難うございます!




■5月24日(日)

TOYONO "trópico unique トロピコ・ユニーク"
「Luz do sol」 リリースアニヴァーサリー in ムジカーザ

■会場
代々木上原 ムジカーザ

■出演
"trópico unique トロピコ・ユニーク"
TOYONO (vocal)
竹中俊二 (guitar,sound produce)
金子雄太 (organ)
トニー・グッピー (steel-pan) (from トリニダード・トバゴ)

■音響
春日洋





<セットリスト>

1-1 「no tableiro da baiana バイーアの食卓には」
(Ary Barroso)
オリジナル楽曲:カルメン・ミランダ(1936年)

1-2 「 tea for twoふたりでお茶を」
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
オリジナル楽曲:ナラ・レオン(ポルトガル語版)(1925年※英語版)

1-3 「Cancão da Falsa Tartaruga ニセウミガメの歌」
(Lewis Carrol/Augusto de Campos/Cid Campos)
オリジナル楽曲:アドリアーナ・カルカニョット(2004年)

1-4「bananaバナナ」
(Joyce)
オリジナル楽曲:ジョイス(1980年)

1-5「raindrops keep fallin' on my head 雨にぬれても」
(Hal David/Burt Bacharach)
オリジナル楽曲:B.J.トーマス(1969年)

1-6「中央フリーウェイ」
(荒井由美)
オリジナル楽曲:荒井由美(1976年)

1-7「gatota de ipanema イパネマの娘」
(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
オリジナル楽曲:ジョアン・ジルベルト(1962年)




2-1「Luz do sol ルーズ・ド・ソウ」
(Caetano Veloso)
オリジナル楽曲:カエターノ・ヴェローゾ(1982年)

2-2「manhã de carnaval 黒いオルフェ」
(Antônia Maria/Luis Bonfá)
オリジナル楽曲:ルイス・ボンファ(1959年)

2-3「três-mariasトレス・マリーアス」
(竹中俊二/TOYONO)
オリジナル楽曲:TOYONO(セルフカヴァー)(2007年)

2-4 「dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ」
(Vitor Martins/Ivan Lins)
オリジナル楽曲:イヴァン・リンス(1977年)

2-5「 Ob-La-Di,Ob-La-Da「オブラディ・オブラダ」
(Lennon & McCartney)
オリジナル楽曲:ビートルズ(1968年)


E 「Falsa Baiana ファウサ・バイアナ」
(Geraldo Pereira) 
オリジナル楽曲:ジョアン・ジルベルト(1973年)

(photo by 吉四六)
(ワタシのカメラで。)
この天井高もポイント!

笑いスギ、です!!

これがウワサの、
「ゆうぽんが竹中さんの演奏に「にやり」とした瞬間!」
(いろんな人が、この場面の事をあとから言ってました。)

| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
”トロピコ・ユニーク” コヅカでの写真!
5/9に行われた
「アートガーデン・コヅカ 第4回 森の音楽会」
〜TOYONO " trópico unique トロピコ・ユニーク "〜
の写真が届きました。





実は綺麗なコーラスもトロピコの売り!







アルバムジャケットの原画の作者宮下昌也さん。
自ら原画を見せて下さってます。


(photo by 吉四六)
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 5/9 越田太郎丸セッション@青山プラッサオンゼ
越田太郎丸セッション
「第一回 トニーニョ・オルタが好きなんです」でした!



自分自身にとっての新曲も多い今回のライブ、
なかなか濃い〜企画でした。


Jazzを多く聴く人や、

(パット・メセニー経由でトニーニョを知った人も多いそうです。
 2ndアルバム「Toninho Horta」では、
 パット・メセニーが2曲参加しています。
 http://www.hmv.co.jp/product/detail/152300


また矢野顕子さんとの共演でも知られるので


(矢野顕子「S席コンサート」がワタシは印象的。
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00005G58Y/375-2371637-6420645?SubscriptionId=16W2HGCD1C5H6TCPQJ02


ブラジル音楽に触れるきっかけとなった方も多いかと思われるアーティスト。





「トニーニョ・オルタの音楽」には、
独特の大らかな空気や風が流れているなあ、といつも思うのですが。
そして、それが、みんなが愛してやまない部分かと思います。


ギタリストであり作曲家であり歌い手でもあるトニーニョの曲は、
究極は「ひとり(=トニーニョ)」で完成している楽曲である、
ということ。
アルバム制作時や、ライブ演奏などでも、
トニーニョ自身のエッセンシアを大事に
音を作っているのだと改めて実感します。

これを、4人のアンサンブルで演奏する、というのも
なかなかやりがいを感じる部分でもありました。
トニーニョとは

性別も違う、
国籍も違う、
ネイティヴな言語も違う、
(キーも違う)

ワタシが歌うことに、まず考えたり。


(↑普段から自分のポルトガル語の曲に加え、
他のアーティストが歌うポルトガル語の曲は多く歌いますが、
例えば、オリジナル曲中心の「pelicano heaven」ライブに、
一曲だけトニーニョ・オルタの曲を歌うのとは全然違う気持ちなのです。)


ライブ全体で「トニーニョ・オルタに捧ぐ」ことが大切かも、
などといろいろ思いを馳せ、
でも結局はトニーニョの世界感が持つ懐の大きさに
素直に包まれるしかなすすべ無し、でした。


きっと、太郎丸さんも、徹さんも、領くんも
それぞれ「いろーんな」思いを抱いたのではないか、と思います。


で、こんなにいろいろ考えましたが
楽しかった!笑。


こんな課題をくれた太郎丸さんに感謝ですね。
第二回は、もっと応えれるように磨こっ。


「canto de desalento」本当にいい曲です。
この曲を歌う機会が出来たのも、個人的にはとても嬉しい。
(Toninho Horta「DURANGO KID2」収録曲)



あと、MC時にお話した
ワタシがリオ滞在時に収録会場に居た
「Beijo Partido by ペドロ・マリアーノ」のDVD映像は、
こちらです。(by you tube)
左奥に居るワタシ、発見出来ます?笑。
http://www.youtube.com/watch?v=06B7tb3O2fY
(この時の日記
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20080513

製品はこちらです。
「um bardinho,um violão -novela70」
http://diskunion.net/latin/ct/detail/BR10635






■5月14日(木)
青山プラッサオンゼ



越田太郎丸セッション
"第一回 トニーニョ・オルタが好きなんです"
出演:
越田太郎丸guitar・坂上領flute・中島徹keybord・TOYONOvocal

<1st>
1:Bicycle Ride・・・g,p DUO
2:Eternal Youth(Manuel Audaz)
3:Vôo Dos Urubus
*4:Infinite Love
*5:Aqui,Oh!
*6:Canto De Desalento・・・g,vo DUO

<2nd>
1:Mountain Flight
2:Cristiana
3:Liana
4:Gershwin・・・g,fl DUO
5:Party In Olinda(Festa Em Olinda)
*6:Afternoons In Thailand
*7:Beijo Partido(Broken Kiss)
*8:Pecém

*Enc:Aquelas Coisas Todas

*TOYONO参加曲





※坂上領くんが執筆している「ザ・フルート99号」(最新号)(4/25発刊)
坂上領の“聴きたい、あれこれ”
─オススメ名盤セレクション─
の中で、昨年12月16日の池袋バレルハウスでのライブ
「TOYONO feat.マルコス・スザーノ」の写真が掲載されているそうです!
http://www.alsoj.com/flute/

「TOYONO feat.マルコス・スザーノ@池袋バレルハウス」レポ
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20081216





| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 5/9「TOYONO tropico unique トロピコ・ユニーク」@南房総アートガーデン・コヅカ
大快晴の休日。
朝早く起きて南房総へ。
気持ちのいい森の中でのライブでした。


サウンドチェック中、
雄太くんがオルガンを奏でると、
森の鳥の大合唱!!一斉に鳴き出します。


が、トニーのサウンドチェック中には
なぜか大量の「羽蟻」が一斉に舞い上がって、
風に流されトニーの方へ…。

笑。




なぜなんでしょ?
なにか、反応する音の周波数が違うのかな?




本番中には、近くの犬が覗きに来たり。
(猟犬が森に置いて行かれて、そのまま地元の方の飼い犬になった犬だそうで、普段はとっても臆病なんだそう。
でも、「何やってるの?」って感じで
ずーっと覗いて聴いていました。
もちろん、鳥はすごく反応して鳴いてました。



森の中で歌ってみて。。。
森って、微動だにしない大きな生命力を持っているものなんですね。
人間の弱さなんて、見透かされてしまうような。
多分、気持ちが弱っていると負けちゃうな。
そう思いました。





南房総には、東京から移り住んだ方々、
アーティストも多く住んでいて、
こだわりのある方々が多く、とても興味深く聴いてもらえました。
また、東京からもたくさんの方が駆けつけて下さって
終演後、いろいろお話出来て楽しかった。
翌日に行われる森林を守る為の伐採作業のボランティアに来ていた方も多かったです。
太陽の下のでの演奏、
ライブハウスで演奏するのとはひとあじ違った反応に
私達も刺激を受けましたーっ。



★「トロピコ・ユニーク」
この「歌+ギター+オルガン+スティールパン」という編成、
世界でもひとつかも?という話になりました。


★「トレス・マリーアス」
竹中さんのオリジナル曲だった、と雄太くんが驚いていた!
(前回のライブでは、気がつかずに演奏していた様子。)
=「素晴らしい曲だ」という意味、みたいです♪


さて、次の「トロピコ」は、
「5/24@代々木上原ムジカーザ」
リリースアニヴァーサリーです!!
http://artgarden.jp/090524live.html








■5月9日(土)
アートガーデン・コヅカ 第4回 森の音楽会
〜TOYONO " trópico unique トロピコ・ユニーク "〜

出演:
TOYONO vocal
竹中俊二 guitar & sound produce
金子雄太 organ
トニー・グッピー steel-pan(from トリニダード・トバゴ)

<セットリスト>

1-1 tea for two 「ふたりでお茶を」
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-2 Cancão da Falsa Tartaruga 「ニセウミガメの歌」
(Lewis Carrol/Augusto de Campos/Cid Campos)
1-3 banana「バナナ」(Joyce)
1-4 raindrops keep fallin' on my head 「雨にぬれても」
(Hal David/Burt Bacharach)
1-5 中央フリーウェイ(荒井由美)
1-6 gatota de ipanema 「イパネマの娘」(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二

(PV上映)

2-1 Luz do sol 「ルーズ・ド・ソウ」(Caetano Veloso)
2-2 fico assim sem vocêキミがいないと
(Abdullah/Cacá Moraes/日本語詞:片岡大志)
2-3 manhã de carnaval 「黒いオルフェ」(Antônia Maria/Luis Bonfá)
2-4 três-marias「トレス・マリーアス」(TOYONO/竹中俊二)
2-5 a rã 「かえる」(Caetano Veloso/João Donato)
2-6 dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ(Vitor Martins/Ivan Lins)
2-7 Ob-La-Di,Ob-La-Da「オブラディ・オブラダ」(Lennon & McCartney)

E falsa baiana「ファウサ・バイアナ」(Geraldp Pereira)


「里山の食卓」にて

天然酵母パン屋「かまどの火」
http://hoshimitei.com/kamadonohi.html
宮下広子さんの焼いたパンです。
小麦の味わいが、しっかり!

左手前の「なつみかんパイ」は
「けい工房」
http://keikobo.com/
地元でも評判のお店です。


けいさんよりプレゼント!
今日のライブの為の新作「楽器のクッキー」。
可愛い★
食べちゃえ♪

| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 5/7「サテンドールBossa nova night」@六本木サテンドール
4回目の出演になりました
「サテンドール Bossa Nova Night」

今回は、美緒ちゃん、nobieと
個性が全く違う3人の共演になり
凄く刺激的な楽しいライブとなりました。

また、このふたりと共演出来ると嬉しいナ。

昨年デビューした隼人香織ちゃん
http://khayato.exblog.jp/
も遊びに来てくれました!

そのあと、香織ちゃんと渋谷「bar bossa」で待ち合わせして、少し話したよ〜♪



TOYONOの
サテンドール「Bossa nova Night」の出演は、
今回で終了となりました。
有難うございました!!!


■2009.05.07 Thursday
六本木サテンドール
「サテンドール Bossa Nova Night 」
出演:
TOYONO(vocal) 松田美緒(vocal) nobie(vocal)
越田太郎丸(guitar)西嶋徹(bass)石川智(ds&perc)鈴木広志(sax,fl)


初共演鈴木広志くんと、西ちゃんのベース!
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 4/29「TOYONO tropico unique トロピコ・ユニーク」@青山プラッサオンゼ
初トロピコ・ユニークでした♪
お越し頂いたみなさん、有難うございます!!!

月に一回出演しているプラッサオンゼですが、
今日はなんとなく違った色合いになりました。

このユニット、
アツさと涼しさ加減が、丁度イイ、感じ、なのです。


この4人では、
1月のアルバムレコーディング以来の演奏でしたが
改めて新鮮さがよみがえってきて、良かった。
特にライブではバランスの難しい楽器ばかり。
でも、その辺りは達人たち、万能でした♪


もうひとつ、
おめでたいことには、おめでたい事が重なるものです。
この日は、このユニットでの初ライブであり、
プラッサオンゼのオーナー、クラウヂアさんのお誕生日でもありました。

よくライブに来て下さるパティシエの加藤美由紀ちゃんにお願いして
スペシャルケーキをサプライズプレゼントしました!
デザインは竹中俊二さんです。
中身は、事前リサーチにより、クラウヂアの好きな「りんご」と「苺」。
「りんご」は生で入っていたので、シャキシャキした食感が新鮮で、
とっても美味しかったです。
美由紀ちゃん、ありがとー。



そして、お祝いに来てくれた片岡大志くんと一緒に、
「きみが居ないと」を歌いました。
大志くんがこの日だけ特別に

「クラウヂアの居ないプラッサみたいな 恋はしたくない♪」

と歌っていました。
クラウヂア、喜んでくれてるといいナ。


■4月29日(水・祝)
青山プラッサオンゼ  

「trópico unique トロピコ・ユニーク」

出演:
TOYONO vocal
竹中俊二 guitar & sound produce
金子雄太 organ
トニー・グッピー steel-pan(from トリニダード・トバゴ)


<セットリスト>

1-1 tea for two 「ふたりでお茶を」
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-2 raindrops keep fallin' on my head 「雨にぬれても」
(Hal David/Burt Bacharach)
1-3 banana「バナナ」(Joyce)
1-4 Cancão da Falsa Tartaruga 「ニセウミガメの歌」
(Lewis Carrol/Augusto de Campos/Cid Campos)
1-5 中央フリーウェイ(荒井由美)
1-6 dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ(Vitor Martins/Ivan Lins)



2-1 Lugar comun ルガール・コムン(Gilberto Gil/Joao Donato)

〜☆feliz aniversário para querida Claudia!!☆〜

2-2 fico assim sem vocêキミがいないと(Abdullah/Cacá Moraes)
with 片岡大志
2-3 manhã de carnaval 「黒いオルフェ」(Antônia Maria/Luis Bonfá)
2-4 três-marias「トレス・マリーアス」(竹中俊二/TOYONO)
2-5 Luz do sol 「ルーズ・ド・ソウ」(Caetano Veloso)
2-6 Ob-La-Di,Ob-La-Da「オブラディ・オブラダ」(Lennon & McCartney)


E-1 falsa baiana「ファウサ・バイアナ」(Geraldp Pereira)
E-2 gatota de ipanema 「イパネマの娘」(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二




トロピコ・ユニークfoto by 吉四六


そして、ケーキ♪

この写真のお皿の上に載ってる「雲メレンゲ」がめちゃウマなのです。
お酒にも合う!


| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 4/25&26「tropico unique トロピコ・ユニーク」DUO@高尾シンパティカ
高尾2daysでした。
お越し頂いたたくさんのみなさま、本当に有難うございます!!!

一日目は「嵐」
そして、2日目は「快晴」、

という、
主催者のシンパティカ吉田理恵さんとワタシ達出演者は、
ふた通りの天気を楽しめた2daysとなりました。






*25日(土)

一日目は、開始直前に「クイクイルコ」(猫)が迷子になってしまい、会場全員が心配しました。
(↓この時の「ちびた」が「クイクイルコ」と命名されました。)
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20080914

クイクイは、ライブ終了後無事帰宅。
人がたくさん集まったのが怖かったようです。


そして、この日は密度の濃い〜良いライブ。
特に、雨の中での「雨にぬれても」は、
やはり雰囲気にとてもあっていて良かったと思いました。
自然の力を借りた演出はやはり最高です。


ちなみに、この日の衣装は南米大陸の明るさをイメージして
(シンパティカも、メキシコに大変縁の深いところなのです。)

「上:バナナ色のプリーツブラウス(長袖)+バナナ色の腕時計」
「下:白地に緑の花模様のMaria Bonita Extra(ブラジル)のバルーンミニスカート」。

雨だったので、かえって明るい色合いにしてみました。



*26日(日)

うって変わって快晴!
テラスにも椅子を出してのお昼間ライブ。
心地よい風の音に、とても良い時間が過ごせました。
こちらも、大自然の演出効果も満載。


前回の昨年9月のシンパティカでのライブですっかり「竹中さんファン」になった
麗しいセニョーラス達の声援も手伝って、演奏もトークも全開!
私は笑い過ぎで、メイクは完璧によれよれでした。
(終演後、気づく、笑。)


演奏的にも、2日通して新しいアプローチも数多く試せました。
久々のデュオ演奏でしたが、
自己採点では少し前進出来たかも、と思います。


そして、「黒いオルフェ」が良かった、との感想を多く頂きました。
嬉しい!


ちなみに、この日の衣装は
「半袖黒Tシャツ
+赤いリネンストール
+真っ白コットンレースティアードスカート(古着)」

初夏のイメージで。
でも、空気の澄んだ高尾ではちょっとまだ寒かった、、、。
毎年のワタシのように、先取りしすぎです。






■4月25日(土) & 26日(日)
高尾 アトリエ&ジュエリー「シンパティカ」 


出演:「trópico unique トロピコ・ユニーク」 DUO
TOYONO vocal、竹中俊二 guitar


音響協力:イノックスサウンドデザイン


<セットリスト>

1-1 no tabuleiro da baiana「ノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ」(Ary Barroso)
1-2 tea for two 「ふたりでお茶を」
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-3 banana「バナナ」(Joyce)
1-4 Cancão da Falsa Tartaruga 「ニセウミガメの歌」
(Lewis Carrol/Augusto de Campos/Cid Campos)
1-5 Luz do sol 「ルーズ・ド・ソウ」(Caetano Veloso)
1-6 中央フリーウェイ(荒井由美)
1-7 gatota de ipanema 「イパネマの娘」(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二



2-1 Dindi 「ヂンヂ」(Tom Jobim/Aloysio de Oliveira)
2-2 raindrops keep fallin' on my head 「雨にぬれても」
(Hal David/Burt Bacharach)
2-3 manhã de carnaval 「黒いオルフェ」(Antônia Maria/Luis Bonfá)
2-4 Batucada「バトゥカーダ」(Marcos Valle/Paulo Sérgio Valle)
2-5 três-marias「トレス・マリーアス」(竹中俊二/TOYONO)
2-6 afríssima「アフリッシマ」(TOYONO)

E mundo melhor 「ムンド・メリョール/素晴らしき世界」
(Vinícius de Moraes/Pixinguinha)




シンパティカ・お庭のモミジ 新緑です。

窓辺のステージ

ギターサウンドチェック中に、ずーっと聴いていた
よそのおうちの猫(この辺りのボス猫らしいです。)


終演後のシンパティカ前、高尾御陵参道にて。
こんなに爽やかな空!



理恵さんお手製シンパティカ特製バナナケーキ
とても爽やかな甘さ、美味しいです!


しばしみなさんとお茶したあと、打ち上げ会場へ!
夕方のシンパティカ前。



★シンパティカのオーナー&ジュエリーアーティスト、
吉田理恵さんのジュエリー講座が、代々木にてスタートします!!
詳しくはhttp://artgarden.jp/artschool.htmlをご覧下さい。

<シルバー彫金入門> 5月&6月コース 5/27スタート
◎講師:吉田理恵さん 
◎参加費:15,000円(全4回)
(※設備・消耗品代が含まれます。別途材料費がかかります。
材料費の目安はアクセサリーひとつにつき1,500円〜2,000円程度です)
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:57 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
「アクアレジデンス」にて
今日は、千葉県我孫子市の素敵なマンション「アクアレジデンス」にて、
お招きをうけてのコンサートでした。

敷地内に大きな池があり、
その周りを南国の植物が取り囲んでいる。
(著名なガーデナーの方の監修のお庭だそうです。)
まるで、異国のリゾートホテルに訪れたかのような素敵なマンション。

コンサートが行われたサロン内には時おりアロマも焚かれ、
また、みなさんの暖かい拍手も頂き、
最高の気分で歌えました。
自分でも、かなりの笑顔度だったかと、、、♪

小さなお子さんもたくさん来てくれて
「頑張ってじっと聴いててくれてるな〜♪」
と思ってたら、アンケートにビッシリ!感想を書いてくれていて感激でした。

休憩中にある方(小さい女の子がいらっしゃるお母さん)ともお話したのですが、
お子さんに小さいうちから生の音楽(それも子供用じゃない音楽)を聴かせたいけど、
ライブハウスやコンサートホールにはなかなか行けない、
との事。

そうですよねー。
今の現状は、まず時間帯が「夜」だったりしますしね。
こうやって、ワタシ達が出向く機会がどんどんあればいいな、と思いました。


今回のコンサートを企画してくださった「デザインショップまちや」さん、
毎度のことながら感謝です。

羨ましい風景。
サウンドチェック中に撮影!



| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 4/12「TOYONO+3」@中目黒楽屋
日曜日の夜にもかかわらず、
たくさんのお客さまにお越し頂きました。
本当に有難うございます!!

会場に凄くいい風が流れてる、そんな感じがひしひしと。
みなさんの笑顔にも感じました。
嬉しかったな〜。


このユニットは、やる度に次への扉が毎回見えるユニットです。
一回ごとに何かを乗り越えて、次のチャレンジが現れる。
常に前進形、という。。


「ミュージシャンとして常に未来を見つめている人」
というのが共通項なのかもしれません。
ある意味不器用に、でも真摯に見つめてる感じ。
凄く好きなタイプのミュージシャン。


なんか、ポエム的ですが…、笑。
ちょっと恥ずかしい吐露ですが、


でもそんな気持ちになるライブでした。


大志くん、ゲストヴォーカルとして登場してもらって、
存在感のある強力な歌声を聴かせてくれましたが、
ゲストで登場してくれながらも、
このユニットの良いところについて、とても良いアドバイスをくれたり。
(↑プロデューサー視点ですね、あくまでもイケテル。)


「サウーヂ・サウダーヂ」の林奈穂ちゃん、
小田切大くん(vocal)
上野まなさん(vocal)
来て下さいました、有難う!!



次回のこのユニットでのライブは、
7/23(火)池袋apple jumpにて。

かなり先ですが、
それまでに「パワーアップ会議」予定です。
いいですね、燃える感じ!




■4月12日(日)
中目黒楽屋

「TOYONO + 3」

出演:
TOYONO vocal,
中西俊博 vl,
竹中俊二guitar,
阿部浩二guitar,

guest : 片岡大志 vocal


・セットリスト

1-1 no tabuleoro da baiana ノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ(Ary Barroso)
1-2 tea for two ふたりでお茶を
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-3 conversa de botiquim ボチキンでの会話(Vadico/Noel Rosa)
1-4 bananaバナナ(Joyce)
1-5 Cancão da Falsa Tartaruga ニセウミガメの歌
(Lewis Carrol/Augusto de Campos/Cid Campos) with 片岡大志
1-6 duna areia ドゥーナ・アレイア「砂と砂丘」(TOYONO/竹中俊二)
1-7 o sonho ウ・ソーニョ(Egberto Gismonti)

2-1 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
2-2 menino das laranjas オレンジ売りの少年(Théo de Barros)
2-3 daishimanebossa (TOYONO/片岡大志)with 片岡大志
2-4 fico assim sem você きみがいないと(Abdullah/Cacá Moraes/日本語詞:片岡大志) with 片岡大志
2-5 Litoral リトラウ (TOYONO)
2-6 dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ(Vitor Martins/Ivan Lins)
2-7 afríssima アフリッシマ(TOYONO)

E-1 pelicano heaven ペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 mundo melhor ムンド・メリョール素晴らしき世界
(Vincius de Moraes/Pixinguinha)




この日、激励に頂いたお菓子。
仙台の「喜久福 ずんだ生クリーム大福」



「これは、ちょっとついでのものなんです、、、」と、
同じ袋の中に、別の紙袋に入ってたチョコ。


こーいうーのでした「oppai choco」ラブ かわいー!


| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE