from TOYONO

ブラジル系シンガーソングライター&ヴォーカリストTOYONO no ブログ。
((TOYONO official blog copyright(C) TOYONO MODERNO all rights Reserved. ))
3/31 「TOYONO+3」ライブレポup!!
3/31 「TOYONO+3」のライブレポupしました!!

http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20090331

先日、頂いた「ちいちゃい鯛焼き」

| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 3/31「TOYONO+3」@池袋apple jump
さて、3/31のライブレポです。
(遅くなっちゃいました。)

3月にオープンしたばかりのお店「apple jump」の暖かい雰囲気もあって、
とても楽しく盛り上がっちゃいましたねー。
そして、自慢のお手製ピザ絶品でした!
(イタリアンで窯焼きのピザを焼いていた方が、キッチンスタッフをされているそうです。)


このユニットでのライブ、4回目になります。
ですが、何度目でも新鮮で、
凄くいい雰囲気のサウンドになる、
かなりの鉄板ユニットです。
まだ聴かれたことのない方は、是非是非聴いて欲しい。






そして、今週末12日(日)
中目黒楽屋にて同じメンバーにてライブあります。
special guestに片岡大志くん(vocal)に来てもらう事が
急遽決定しました。
楽しみですね。あの歌、この歌[m:59]

アコースティックな響きにぴったりの場所です。
是非是非、日曜日、遊びに来て下さい。


p.s.
そして、この日なぜか「妖怪人間ベム」の話題で盛り上がったトーク、笑。
私が前夜見ていたyou tube画像は、コレでした。
http://www.youtube.com/watch?v=XLefNuONrMU



■3月31日(火)
池袋 Live cafe & bar Apple Jump

☆オープン記念スペシャル・ライブ
〜特別編TOYONO with 17 strings〜

出演:
TOYONO vocal
中西俊博 vl
竹中俊二 guitar
阿部浩二7弦guitar

<セットリスト>

1-1 no tableiro da baianaノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ(Ary Barroso)
1-2 tea for two ティ・フォー・トゥ
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-3 conversa de botiquim ボチキンでの会話(Vadico/Noel Rosa)
1-4 bananaバナナ(Joyce)
1-5 manhã de carnaval 黒いオルフェ(Antônia Maria/Luis Bonfá)
1-6 dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ(Vitor Martins/Ivan Lins)
1-7 duna areia ドゥーナ・アレイア「砂と砂丘」(TOYONO/竹中俊二)



2-1 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
2-2 menino das laranjas オレンジ売りの少年(Théo de Barros)
2-3 o côco do côco ウ・コーコ・ドゥ・コーコ(Aldir Blanc/Guinga)
2-4 fico assim sem vocêフィコ・アスィン・セン・ヴォセ (Abdullah/Cacá Moraes/日本語詞:片岡大志)
2-5 Dindi 「ヂンヂ」(Tom Jobim/Aloysio de Oliveira))
2-6 afríssima アフリッシマ(TOYONO)


E-1 pelicano heaven ペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 mundo melhor ムンド・メリョール素晴らしき世界
(Vincius de Moraes/Pixinguinha)


先週金曜日に行った「千鳥が淵の夜桜」です。
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!!3/29「Tommy e TOYONO」@京都mojo west
京都ライブでした。
日曜日の夜にもかかわらず、たくさんの方にお越し頂きました。
有難うございますっ♪

で、
楽しかったーーー!!
で、
笑い過ぎでした。


このライブは、Tommyさんとワタシの卒業大学が同じ、
(それも、このライブ会場であるmojo westの隣ブロックにある。)
ということで、実現したライブなのですが、
そんな事は抜きにして、音楽的にすごくしっくり来る抜群の顔合わせでした。

基本的に選曲は今回はワタシの担当だったのですが、
どの曲を持って行っても、とっても新鮮な、良い音に収まる。
リハーサル段階から、これは嬉しい驚きでもありました。

そして、本番。
Tommy 先輩をはじめ、
Taroma さん、
Toru さん、
みんなそれぞれ、ぐっと来るところが随所にあって
すごく楽しかった。
セッションとしては、凄く良いバランス感だったと思います。


全員「T」なので、
「T」にちなんだ、新たなバンド名を命名されるという話もちらほらラブ


そして、トークは、かなりグダグダのワタシでした。
なんでかなー、笑。
食いつかなくてもいい「エロス系」の話に、
ワタシが食いつきすぎたのが敗因との事でした、笑。


そして、mojo westのスタッフのみなさん、サイコーっです!
万歳!mojo west!!
いらっしゃったお客様からも大好評でした。



★Tommyさんの東京ライブが近々あります!
「色気がある」と評されることも多いTommy 先輩の音色を是非ライブで!

4/14(火) 東京 池袋 Miles' Cafe
4/15(水) 東京 吉祥寺 Strings


★ミクシィに加入されている方
ミクシィ内コミュ「toyono moderno(mixi版)」にて、
ライブレポ&写真をアップしてくださってます!!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=21216294&comm_id=2449901


■3月29日(日)
京都北山 
MOJO WEST

「Tommy e TOYONO」

Tommy(tb)
TOYONO(vo)
中島徹(p)
越田太郎丸(g)

<セットリスト>

1-1 amor em paz 平和な愛(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)
1-2 serafim セラフィン(TOYONO)

〜映画音楽特集「coleção da trilha sonora do filme」〜
1-3 tea for two 「ふたりでお茶を」
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-4 raindrops keep fallin' on my head 「雨にぬれても」
(Hal David/Burt Bacharach)
1-5 the shadow of your smile「いそしぎ」(P.F.Webster/J.Mandel)(instrumental)
1-6 manhã de carnaval 「黒いオルフェ」(Antônia Maria/Luis Bonfá)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1-7 afríssimaアフリッシマ(TOYONO)

2-1 深海魚の夢(Tommy)(instrumental)
2-2 Dindi 「ヂンヂ」(Tom Jobim/Aloysio de Oliveira)
2-3 Batucada「バトゥカーダ」(Marcos Valle/Paulo Sérgio Valle)
2-4 fico assim sem voce 「君がいないと」(Abdullah/Cacá Moraes)
2-5 três-marias「トレス・マリーアス」(竹中俊二/TOYONO)
2-6 a correnteza「ア・コヘンテーザ」(TOYONO)

E-1 pelicano heaven「ペリカーノ・ヘヴン」(竹中俊二/TOYONO)
E-2 mundo melhorムンド・メリョール素晴らしき世界
(Pixinguinha/Vinícius de Moraes)



<映画音楽特集>

*tea for two 「ふたりでお茶を」
1925年のミュージカル「ノー・ノー・ナネット」で歌われた曲。
1950年に「二人でお茶を」の題名で映画化。
主演のドリス・デイの歌で有名になる。

*raindrops keep fallin' on my head 「雨にぬれても」
1969年西部劇映画「明日に向かって撃て!」挿入歌。
作曲はバカラック。

*the shadow of your smile「いそしぎ」
1965年同名映画の主題歌。
主演はエリザベス・ティラーとリチャード・バートン。

*manhã de carnaval 「黒いオルフェ」
1959年仏・伊・伯合作映画マルセル・カミュが監督。
ギリシア神話をモチーフに、リオのカーニヴァルを舞台に物語が展開される。
当時のブラジルの風景やサンバの様子も映し出され、
そういった意味でも興味深い作品。

ちなみにTOYONOが林檎さんにポル語指導したのはこの曲です。



高校時代の友人、市村依子さんより。
季節を真っ先に感じさせてくれる「桜とチューリップ」!
彼女はご自宅で「花曜日」というアトリエを主催されていて
お花の指導もされています。
ありがとー!!
http://www.eonet.ne.jp/~hana-youbi/



ウワサの4人組。



| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!!3/27 坂上領セッション@シュガーヒル
雨の中 お越し頂いたみなさん、本当に有り難うございました!
盛り上がりましたね。
遠く大阪からも来て頂いていて、びっくり。
嬉しかったです。


今日は、普段はライブでの仕切り役が多いワタシや太郎丸さんが、
すっかり領くんに甘えて仕切り役を任せれたのをいいことに、
かなりゆる〜い&マニアックな爆笑トークを延々。。。
それを毎度、適宜に律儀にまとめる方向に持って行く領くん、笑。
スイマセン。。。

もちろん、トニーニョ・オルタ特集ということもあって、
トニーニョの専門的な話もしっかりしましたよ。


演奏的にも、一曲やるごとに「楽しいねー。」と自然に声がでるくらい、
3人のバランスがとても良かった。

そして、「fico assim sem voce」での領くんのリコーダー!
本当にセンスいいですね。
フルートももちろんかっこいいんだけど。

太郎丸さんも、ブラジル音楽の演奏法のひきだしがまたまたたくさん増えていて、
歌っていて宝石箱を開けているようでした。


「続編」あるかも?


楽しみです。






■3月27日(金)
草加シュガーヒル

「坂上領セッション」

出演:
坂上領 flute
TOYONO vocal
越田太郎丸 guitar


1st
1:Gershwin「ガーシュウィン」(Toninho Horta)・・・fl,g DUO
2:Trem Azul「青い列車」(Lô Borges/Ronaldo Bastos)
3:Tardes Cariocas「カリオカ達の午後」(Joyce)
4:Conversa De Botiquim「ボチキンでの会話」(Vadico/Noel Rosa)
5:Aquelas Coisa Todas「アケーラス・コイザス・トーダス」(Toninho Horta)
6:Afríssima「アフリッシマ」(TOYONO)
7:Amor Em Paz「平和な愛」〜Beijo Partido「ベイジョ・パルチード」(Vinícius de Moraes/Tom Jobim//Toninho Horta)

2nd
1:Francisca「フランシスカ」(Toninho Horta)・・・fl,g DUO
2:Afternoon In Thailand「タイランヂアの午後」(Toninho Horta)
3:Aqui Oh!「アキ・オー」(Toninho Horta)
4:Fico Assim Sem Voce「君がいないと」(Abdullah/Cacá Moraes)
5:Tres-Marias「トレス・マリーアス」(TOYONO/竹中俊二)
6:Pelicano Heaven「ペリカーノ・ヘヴン」(TOYONO/竹中俊二)

Enc:登山列車と雨男(坂上領)



| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!!3/22 TOYONO「pelicano heaven」@表参道プラッサオンゼ
三連休の最終日、
夕刻には雨も風もある、というそんな中、
お越し頂いたみなさん、本当に有難うございました。



いやー、もう最高でした!!!!
最高のライブでした!!!


一曲目から、音の幸せを感じる、
そして、そういう場面が何度も訪れる、
そんな夜。


この曲を作って良かった。
この歌詞を書いて良かった。
そんな風に一曲一曲思えるなんて、何なんでしょう。


もちろんこのメンバーならではのカヴァー曲も楽しいんですが、
昨日は特に「音が生まれてきて、それが育っている喜び」というのを
ハッキリ感じてしまう。
ライブは割合その時の瞬間軸なんですが、
昨日は演奏に至っているまでの時間軸(大げさに言うと「歴史、笑」)も
感じさせられてしまうんです。


「バカテク!」(死語?笑)とか、「ウマイ!」とか、そういうのじゃなく、
(もちろん、みんな「バカテク」で「ウマイ」んだけど。)


「音に心が詰まって」て、感情を深く刺激する?



おっきくまとめると
「楽しかった!」のひとこと、なんですが♪



そういう音がアンサンブルすると凄いんだな、と改めて思いました。
本当に、素晴らしい人達です。




また、このメンバーでのライブ、予定してますのでお楽しみにっ♪







・「トレス・マリーアス」エンディングのコーラス、良かった!
ナベさんは譜面無し、で弾いてもらいました(敢えて、ね。)

・宮川くんのリクエストで、急遽予定になかった「brinda!brinda!!」もやっちゃいました。

・大友くんと「四の字固め」して捻挫したにもかかわらず無理矢理呼び込んで歌ってくれた大志くん。
いつも素敵な歌声、さんきゅー!早く治してね♪

・洋一さんの「格闘技ネタ」に全くついていけない

・「花子」は一回しか鳴かなかったですー。

・「オバヲさんはすごく歌を把握して演奏してる」って洋一さんが言ってた。

・ナベさんの最新兵器ピアニカ、ヤバい〜♪





■3月22日(日)
青山プラッサオンゼ

TOYONO
「pelicano heavenペリカーノ・ヘヴン」


出演:
TOYONO vocal
竹中俊二 guitar
渡辺剛 keybords
八尋洋一 bass
中島オバヲ perc
宮川剛 ds&perc

ゲスト:片岡大志vocal



<セットリスト>
1-1 paineiraパイネイラ(TOYONO)
1-2 berimbau ビリンバウ(Vinícius de Moraes/Baden Powell)
1-3 bananeira バナネイラ(Gilberto Gil/Joao Donato)
1-4 saci サスィ(Paulo César Pinheiro/Guinga)
1-5 o dia dos anjs 天使が降りた日(TOYONO)
1-6 serafim セラフィン(TOYONO)
1-7 afríssimaアフリッシマ(TOYONO)


2-1 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
2-2 duna areiaドゥーナ・アレイア「砂と砂丘」(TOYONO/竹中俊二)
2-3 fico assim sem vocêフィコ・アスィン・セン・ヴォセ (Abdullah/Cacá Moraes) with 片岡大志vocal
2-4 três-mariasトレス・マリーアス(TOYONO/竹中俊二)
2-5 À sombra da lua月影のアデウス(Lula Queiloga/TOYONO)
2-6 funk cavaquinhoファンキ・カヴァキーニョ((TOYONO/竹中俊二)

E-1pellicano heavenペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 brinda!brinda!!ブリンダ・ブリンダ(TOYONO)
E-2 mundo melhorムンド・メリョール素晴らしき世界(Vincius de Moraes/Pixinguinha)





| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 3/17「Bossa Nova Night」@六本木サテンドール
(今回でワタシ的にはvol.3になりました)、サテンドール「Bossa nova night」。

今回の共演アーティストは、
「スタンダードを普段あんまり歌わない」
「ブラジル音楽を愛する」3組。

それぞれの選曲の好みに何かしら共通点があり、
さをりちゃんが選ぶ曲にも
ペコンボが選ぶ曲にも
(そして、なぜかヴィオラの田中詩織ちゃんが選ぶ曲にも!?)
お互い同じレパートリーがあったりして
(それも、スタンダードじゃない、結構マニアな曲!)

実は、お互いの曲を聴いてすっかり楽しんでしまったnightだったのでした。

ペコンボの4人組、歌声も本番力も格段に以前にも増してパワーアップ!
仕込みもバッチリで、
始終出演者達のモチベーションをあげてくれてました。
特に、ペコンボのコーラスアレンジが光った「バナネイラ」!
これ、絶対、も〜一回やりたい!

詩織ちゃんは初共演でしたが、ヴィオラの特質を上手く表現していて素敵でした。
歌声で言うとアルトになるわけだから、
サウンドがとってもモダンに感じてしまいます。

さをりちゃんの歌声は、本当にまた一段と深みが増して
凄く刺激を受けました。
こういう素敵なシンガーと共演出来るの、同じ歌い手として幸せです。

■3月17日(火)
六本木サテンドール

出演:
TOYONO(vo)行川さをり(vo)
Pecombo[ペコンボ:ペコ・りえ・わか・ハッチャン](Scat Vo)
宮前幸宏(P)加瀬達(B)服部正美(Ds)田中詩織(vla)

(完全にお客さん目線の写真 by TOYONO、笑。)






| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 2/18「TOYONO+3」@表参道プラッサオンゼ
このユニットでは3度目のライブとなりました。
お越し頂いたみなさん、有難うございます!!


このユニットだからこそ許される(と思っているのは私だけ?かも。笑。)
ブラジルマニアックな物も今回は演奏してみました。
ワタシが大好きなブラジルの偉大なアーティスト、
Guinga(ギンガ)の曲を2曲。
作曲家でギタリストで、歌も時々歌い、歯科医でもある、
なんともたまらない曲を作る人です。
http://www.guinga.com/


今回は、彼の作品の中から、Espírito時代ではよく歌っていた
「o côco do côco ウ・コーコ・ドゥ・コーコ」
そして、全く新しく歌った
「saci サスィ」という2曲。

この「saci」という曲、
シンプルながら、この世にはふたつとないメロディライン。
歌っていて凄く気持ちいい曲なのです。
曲が進むにつれ、
「あ、そこに音が行くの!」
「え、そこにも?」という驚きもあるような、
でも曲としての美しいバランスは保たれている、という
何とも素敵な曲です。


そして、やはり、思った通り、
この4人にフィットしてました。
楽しいです、やっぱり!
この4人組♪


思いのほか、トークの時間も長かったような。
この日は、MCマイクは私ひとりだったので
たくさんしゃべったなー、今までの私の失敗談。
来た方だけの心のうちに納めておいてもらえることを
願います、笑。


******************************************


次回のこのユニットでのライブは、
このふたつが予定されています♪

■3月31日(火)
池袋Live cafe & bar Apple Jump
03-5950-0689

☆オープン記念スペシャル・ライブ
〜特別編TOYONO with 17 strings〜

出演:「TOYONO+3」
TOYONO vo
中西俊博 vl
竹中俊二 guitar
阿部浩二 7弦guitar

open 19:00 start 20:00 3000円
http://blog.goo.ne.jp/shibuigordon
東京メトロ副都心線池袋駅側C3出口より徒歩2分


■4月12日(日)
中目黒楽屋
03-3714-2607

「TOYONO + 3」

出演:
TOYONO vocal
中西俊博vl
竹中俊二guitar
阿部浩二 7弦guitar

open:18:00 start19:30/21:00
¥3000
http://www.rakuya.net/


*******************************************


<セットリスト>

■2月18日(水)
青山プラッサオンゼ
「TOYONO + 3」

出演:
TOYONO vocal
中西俊博 vl
竹中俊二 guitar
阿部浩二7弦guitar

1-1 no tabuleoro da baianaノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ(Ary Barroso)
1-2 tea for two ティ・フォー・トゥ
(Vincene Youmans/Irving Caesar/Paulo Sérgio Valle)
1-3 conversa de botiquim ボチキンでの会話(Vadico/Noel Rosa)
1-4 bananaバナナ(Joyce)
1-5 Luz do sol ルーズ・ドウ・ソウ(Caetano Veloso)
1-6 manhã de carnaval 黒いオルフェ(Antônia Maria/Luis Bonfá)
1-7 duna areia ドゥーナ・アレイア「砂と砂丘」(TOYONO/竹中俊二)



2-1 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
2-2 saci サスィ(Paulo César Pinheiro/Guinga)
2-3 o côco do côco ウ・コーコ・ドゥ・コーコ(Aldir Blanc/Guinga)
2-4 fico assim sem vocêフィコ・アスィン・セン・ヴォセ (Abdullah/Cacá Moraes/日本語詞:片岡大志)
2-5 o dia dos anjos 天使が降りた日(TOYONO)
2-6 dinorah,dinorah ヂノラ・ヂノラ(Vitor Martins/Ivan Lins)
2-7 À sombra da lua 月影のアデウス (Lula Queiloga/TOYONO)

E-1 pelicano heaven ペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 mundo melhor ムンド・メリョール素晴らしき世界
(Vincius de Moraes/Pixinguinha)



| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 2/8 TOYONO with 太宰百合ピアノカルテット feat. 中西俊博@KAMOME live matters
日曜日にもかかわらず、たくさんの方に来て頂きました。
どうも有難うございます!

回を重ねるごとに、このユニットらしい選曲、というものが
段々身に付いてきた感じがします。


熱くなりすぎず、
さっぱりしすぎず、
テンポは早すぎず、
で、曲は難し、、、笑。
な感じが、メンバーの求めてる合致点のような気が。

それで、↑この部分を正直に聴き手に伝えられる
というのは、このユニットの凄く良いところだと思っています♪
みなさん、本当にセンスのいい素晴らしいミュージシャンですから
当然なのですが。





そして、今回は伊達弦さんが遊びに来てくれました。
(前回は石川くんが遊びに来てくれて、今回は出演者になっていました、笑。)
面白い楽器で参加してもらいました。
この楽器みたいなやつ。

http://komakimusic.co.jp/e-JPC/database/database.cgi?cmd=dp&num=3920&dp=
でも、このマイネル社製じゃなかったと思うんだけどナ。

これひとつ持って伊達弦さんはステージに登場!
あまりの予想外な楽器で、びっくりでした♪
で、さすがのグルーブ感です。
「中西さんとダテゲンとのバトル」も自然発生でした。





■2009年2月8日横浜KAMOME live matters

「 TOYONO with 太宰百合ピアノカルテット feat:中西俊博vl」
出演:TOYONO vocal、太宰百合piano、佐藤“ハチ”恭彦b、藤井摂ds、石川智 perc
フューチャリング:中西俊博vl
スペシャルゲスト:伊達弦perc


<セットリスト>
1-1 o trem azulトレン・アズウ「青い列車」(Lô Borges/Ronaldo Bastos)
1-2 é preciso perdoar 許すということ(Carlos Conqueijo/Alcivando Luz)
1-3 Fair wind フェアウィンド(中西俊博)*instrumental
1-4 se-amaciou (T.K.B.)「凪る」(TOYONO/松本圭司)
1-5 aquarela do brasilブラジルの水彩画 (Ary Barroso)
1-6 Lugar comun ルガール・コムン(Gilberto Gil/Joao Donato)

2-1 (新曲)(太宰百合)*instrumental
2-2 mais feliz マイス・フェリース(Bebel Gilberto/Dé/Cazuza)
2-3 garota de ipanema イパネマの娘(Tom Jobim/Vinícius de Moraes)
   arranjo by 竹中俊二
2-4 duna areia ドゥーナ・アレイア「砂と砂丘」(TOYONO/竹中俊二)
2-5 serafim セラフィン(TOYONO)
2-6 o sonho ウ・ソーニョ(Egberto Gismonte)

E bananeira バナネイラ (Gilberto Gil/Joao Donato)



出演者写真、撮りもれました。ううう。

今週末の撮影のためライブの翌日ヘアメイク・リハーサル。
メイクの陽子ちゃんが撮ってくれてました。
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 1/19 TOYONO「pelicano heaven」@表参道プラッサオンゼ
ちょっと暖かかった昨日でしたが、
冬はまだまだ。
油断して少し薄着すると、陽が落ちてからの寒風に泣きそうになります。

そんな中お越し頂いた方々、本当に有難うございます!



昨日のメンバーは、
私がプラッサ・オンゼに到着した時点で、
既に気持ちいい(で、ちょっと激しい、笑。)サウンドが聞こえて来てる〜♪

もう、ワタシはその中に入り込むだけでっ。
ヴォーカルの音色と、音量を整えるだけで
もう何も言葉で伝える必要はない感じです。



「パイネイラ」のような、ちょっと都会的(笑)なエッジポップも、
「ビリンバウ」のようなカオスのさじ加減も、
「アフリッシマ」の、アフロとサンバと日本語の融合さ加減も、



きっちり色分けが出来る。
全15曲、15の色がありました。
バンマスの竹中師匠、やはりさすがの手腕です。
音楽の「自由さ」と、「掟」を、
一曲一曲に示されてる感じです。
(表現が固い、笑、ですが、内情はそんな感じ、、、。)



ゲストで歌ってくれた片岡大志くん、
いつもながら、歌に息吹を感じさせてくれる。
歌を歌うことのピュアなものを、きちんと歌声で伝えられるシンガーなんだな、と
改めて思いました。
さすが、御自分の活動だけじゃなく、
数々の素晴らしいアーティストを育ててきたプロデューサーです。


そして、遊びに来てくれた大志くんの大親友、Do As Infinityの大渡リョウさんと
大志くんがプロデュースしている「DIANA∽DIANA」のギタリスト、TNKくんも、有難う!
嬉しかったです。



■1月19日(月) 
青山プラッサオンゼ


TOYONO
「pelicano heavenペリカーノ・ヘヴン」

出演:
TOYONO vocal
竹中俊二 guitar
草間信一 keybords
コモブチキイチロウ bass
中島オバヲ perc
宮川剛 ds&perc



<セットリスト>
1-1 paineiraパイネイラ(TOYONO)
1-2 batucadaバトゥカーダ(Marcos Valle/Paulo Srgio Valle)
1-3 o dia dos anjs 天使が降りた日(TOYONO)
1-4 berimbau ビリンバウ(Vinícius de Moraes/Baden Powell)
1-5 serafim セラフィン(TOYONO)
1-6 afríssimaアフリッシマ(TOYONO)


2-1 Luz do sol ルーズ・ドウ・ソウ(Caetano Veloso)
2-2 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
2-3 fico assim sem vocêフィコ・アスィン・セン・ヴォセ (Abdullah/Cacá Moraes) with 片岡大志vocal
2-4 três-mariasトレス・マリーアス(TOYONO/竹中俊二)
2-5 À sombra da lua月影のアデウス(Lula Queiloga/TOYONO)
2-6 funk cavaquinhoファンキ・カヴァキーニョ((TOYONO/竹中俊二)

E-1pellicano heavenペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
E-2 mundo melhorムンド・メリョール素晴らしき世界(Vincius de Moraes/Pixinguinha)




左から
竹中さん+草マッチ+大志くん+toyono+comoちゃん+宮川くん+オバヲたん

オバヲさんと宮川くんの、特に「アフリッシマ」でのコンビネーション、
超カッコ良かった!
このふたりだと、リズムの核が凄く太いです。


草マッチは久々の共演でしたが、ますます安定したプレイで素敵です。
J-pop界で大活躍の草マッチですが、ガル・コスタも好きな草マッチ。
ブラジル音楽の中の好きな時代が同じなので、共通ワードが多いのも嬉しい。


(昨日は、ベースアンプからもヴォーカルを出していたので、
comoちゃんと運命共同体な感じでした。)随所にほれぼれするポイントが一杯あるcomoちゃん!毎回思うのですが、相変わらず凄いなー。





| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
muito obrigada!! 12/25「 TOYONO 」@渋谷LUSH
「きよしこの夜…君は独りじゃない… vol.1」


このライブタイトルが凄くポジティブに感じられる
(ひょっとしたら、元々ポジティブだったの?かも、笑。)
明るい賑やかなライブとなりました♪

来て下さったみなさん、本当に有難うござます。




前々回のLUSHでのイベントでご一緒した「谷口純子さんtrio」が、
(その時の日記は
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20070926
今日は奏ちゃんをサポート。
奏ちゃん+佐々木貴之くん(guitar)+谷口純子trioという
豪華で上質のポップサウンド、素敵でした。
奏ちゃんの凛とした歌声、憧れます!

(そして今日奏ちゃんが歌った曲の一曲は、
 アルバムでは樋口さんがレコーディングしているそうです。
 やっぱり縁アリ、ですね。)


AnisHyssopも前回よりも更に、サウンドのまとまりが凄くて
かなり釘付けでした。
ドラムとギターだけでのアンサンブル、カッコいいんです。
Soraちゃんの歌も伸びやかで、メロディはぐっときます。


earth 78 は魂のゆさぶりを感じるバンドでした。
迫力あったー!!!




そして、初めての樋口さんとのデュオでした。
樋口さんのギターは、随所にソウルフルなフレーズが入ります。
その入れ場所やメロディの雰囲気が、
控えめのようでいてしっかりみんなの心に届いてる。
歌っててたくさんの発見があるのも、とっても楽しかった。
そして、樋口さんも

「Três-marias トレス・マリーアス」好き、

との事でした。
嬉しいっっっ!



ですが、「ペリカーノ・ヘヴン」での、
シェーカーを振りながらの歌唱は撃沈しました、泣。
(シェーカー、調子にノリ過ぎでした。)
激しく反省。




■12月25日(木)
渋谷LUSH

「きよしこの夜…君は独りじゃない… vol.1」

出演:
■月路奏
■TOYONO vocal (with 樋口直彦 guitar )
■AnisHyssop
■ earth 78





TOYONOセットリスト
with 樋口直彦(guitar)


1 mais feliz マイス・フェリース(Bebel Gilberto/Dé/Cazuza)
2 batucada バトゥカーダ(Marcos Valle/Paulo Srgio Valle)
3 fico assim sem vocêキミがいないと(Abdullah/Cacá Moraes)
4 white christmas(Irving berlin/Vs.Morino pinto)
5 The christmas song(Mel Torme/Robert Wells)
6 gatota de ipanema イパネマの娘(Vínicius de Moraes/Tom Jobim)
arranged by 竹中俊二
7 três-mariasトレス・マリーアス(TOYONO/竹中俊二)
8 pellicano heavenペリカーノ・ヘヴン(TOYONO/竹中俊二)
9 mundo melhorムンド・メリョール素晴らしき世界(Vincius de Moraes/Pixinguinha)



toyono+樋口さん


Soraちゃん(AnisHyssop)+樋口さん+奏ちゃん
樋口さん、嬉しそうスギです♪



Soraちゃん+toyono+樋口さん+奏ちゃん
なんだか、みんなで旅行に行ったみたいな写真。
れっきとした「ライブ終演後」なんですが、、、、。




そして、今日、頂いたもの。
右の封筒(お手製) for toyono
左の封筒(お手製) for 月路奏ちゃん
なのですが、奏ちゃんへの封筒に印刷されている「この写真」って、
ワタシのブログの「この写真」でした。
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20080909
ふたりで、ものすごおく盛り上がりました。
嬉しいです。
| toyonomoderno | Live・report&fotos・ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE